HOME製品情報 > システム建築 > 日成Vスパン-S

システム建築

日成Vスパン-S

[システム建築]日成Vスパン-S

システム建築のメリットを追求した新フレームシステムにより 更に高いコストパフォーマンスを実現しました!!


日成Vスパン-Sの特長

建物を構成するメインフレームに寸法精度が高い「溶接軽量H形鋼」を採用。

また、メインフレームの接合部には、高力ボルトの引張強度を活かした「斜めエンドプレート接合部工法」を採用することで、在来工法を上回る十分な強度と剛性を確保しています。

[大空間、短工期、規格化により安定した品質と経済設計を実現]

1. 建築システムのご紹介

フレームシステム

◆2種類のフレーム形式で効果的な軽量化を実現

一般地(中規模)対応のフルウェブタイプのメインフレームと、大規模・積雪地に対応したトラスタイプのメインフレームを用いて、建物サイズや積雪条件に合わせて効果的な軽量化を実現します。

また、サブフレームをメインフレームの間に配置する構成を基本としています。

妻スパンは一般地の場合最大40メートル、積雪地では最大20メートルを確保(仕様により異なります)

◆軽量H形鋼を用いて「大スパンの無柱空間」を実現

メインフレーム、サブフレームおよび二次部材に「溶接軽量H形鋼」を採用することで、大型スパンを実現しながらも、鉄骨重量を軽減し、経済設計と基礎の簡素化を実現します。

また、高い寸法精度と施工性を実現し、優れた品質を確保します。

※トラスタイプのメインフレーム(中間部用)は、梁材に軽量H形鋼、柱材に重量H形鋼を採用しています。


◆サブフレームの採用による設計の合理化

メインフレーム間にサブフレーム(間柱・小梁)を配置することで、理想的な荷重配分が可能となり、設計の合理化、二次鉄骨部材(胴縁・母屋など)の省資材化、これによる工期短縮と経済設計が可能となりました。

桁スパン(主フレーム間隔)は、フルウェブタイプの場合は6,000mm、7,000mm、8,000mmの3種類から、トラスタイプの場合は6,000mm、7,000mmの2種類からお選びいただけます。

外装システム


屋根システム 片流れ屋根, 切妻屋根


オプション

天井パネル:日成フレッシュボード25、ベンチレーター、クレーン、庇、シャッター、ガラリ、ハンガードア、アルミサッシ

2. 工期の短縮

規格部材によるシステム化、省資材化、新技術による工場製作および現場施工の合理化、また二次部材の点数減により、従来工法に比べ工期短縮が可能です。

工期の短縮には、施設の使用開始時期を早めるだけでなく、現場の施工コスト圧縮や、騒音・振動などの近隣への影響を最小限に抑えるというメリットもあります。


3. 安心と信頼性を証明する構造評定を取得

◆日本建築センターの構造評定を取得

メインフレームの柱と梁をつなぐ接合部は、斜めエンドプレート接合(※)により、高い強度と剛性を確保しています。(トラスタイプでは両端部のメインフレームのみが、斜めエンドプレート接合になります)

※(財)日本建築センター構造評定:BCJ評定-ST0175-02

「斜めエンドプレート接合」は、エンドプレートを斜めに配置することで、柱の局部補強が不要となり、高力ボルトの本数を少なくすることができます。これにより、在来工法を上回る十分な強度と剛性を確保しながら部材点数を最小限に抑えることが可能となり、工場製作および現場施工のスピードアップと高い精度の確保を実現しています。


◆強度試験の様子

●柱-梁接合部の強度試験

設計値(理論値)と、実測値との相違を確認することにより、本方式における最適な構造計算方法を確立し、信頼性の高い設計を実現しました。


日成Vスパン-S/標準仕様

フレームタイプ フルウェブタイプ トラスタイプ
地域区分 積雪条件 一般地 一般地 多雪地
積雪量 30cm 80cm 30cm 80cm 120cm 150cm
風速 34m/s(区分III) 34m/s(区分III)
その他
条件
柱高 6,000mm 7,820mm 6,000・
7,820mm
共通
6,000・7,820mm 共通
屋根形状 切妻/片流れ 切妻 片流れ 切妻/片流れ
妻スパン

妻スパンは参考です。諸条件により右記寸法が守れない場合があります。

桁:6m 10~25m 10~25m 10~19m 25~40m 25~38m 19~28m 10~20m 10~18m
桁:7m 10~25m 10~15m 25~36m 25~30m 16~24m 10~18m 10~15m
桁:8m 10~18m 10~15m - - - - -
桁スパン 6,000・7,000・8,000mmを単位として増減 6,000・7,000mmを単位として増減
柱高(水下) 4,180mm・5,090mm・6,000mm・6,910mm・7,820mm
基礎 鉄筋コンクリート造基礎(別途工事)
外壁 角波サイディング:カラーGL鋼板成型品(h25、t0.5)
標準色:A42Wあまいろ(防汚)
日成フレッシュボード:両面GL鋼板張り・硬質ウレタンフォーム充填(t40)
標準色:ソフトホワイト(外面)
屋根 ハゼ式折板:GL鋼板成型品(h160、t0.6)、結露防止材(t4)
標準色:生地
日成フレッシュルーフ:両面GL鋼板張り・硬質ウレタンフォーム充填(谷部t35/山部t113.9)
標準色:素地
建具 アルミサッシ:住宅用/半外付け
標準色:陽極酸化塗装複合皮膜 ピュアシルバーS1
軽量手動シャッター:スラット/塗装溶融亜鉛めっき鋼板

※仕様等は予告なく変更になる場合があります。


オプション

外壁 ・GL角波鋼板+PB(t=12.5mm)下地
・GL角波鋼板+PB(t=12.5mm+9.5mm)二重下地
屋根 ・ハゼ式GL折板+断熱材(FR25)下地
建具 アルミサッシ窓:引き違い窓 , Fix窓 , ガラリ窓 , 排煙外倒し窓
アルミサッシ出入口:引き違い戸 , 片開きドア , 両開きドア , 親子ドア
スチールドア:片開きドア , 両開きドア , 親子ドア
シャッター:軽量手動シャッター , 軽量電動シャッター , 重量電動シャッター
オーバースライダー:ハイリフト型 , ハイリフトコンター型 , バーチカル型
ハンガードア:片引き, 引分け
その他 ・天井パネル(フレッシュボード)
・ベンチレーター
・天井クレーン
・庇
・ガラリ
・明かり取り

図面

あなたの求めている施工事例を検索[施工事例から探す]
多様化する建築ニーズに応える「大空間システム建築」川田工業株式会社
製品やサービスなど、各種お問い合わせ・ご相談にお応えします。[カタログ請求・お問い合わせ]