HOME製品情報パーキングシステム 自走式駐車場 > 種類

パーキングシステム 自走式駐車場

自走式駐車場の種類

自走式駐車場とは、各階部分及び屋上部分を自動車の駐車に用い、各階に駐車する場合は自動車で走行することにより移動する形式の自動車車庫をいいます。駐車場の形状によって以下の3タイプに分類され、それぞれ自動車の動線に合わせた特長があります。
 
種類 説明 メリット
フラットタイプ

自走式駐車場の最も基本的なもので、各駐車階をスロープで連結したシンプルな形式です。スロープの勾配は17%以下のため、長さは19m程度必要です。 上層階へ上がろうとする車の動線と、駐車しようとする車の動線を分離できるので、高い安全性を確保できます。
各階の床がフラットなので、EVを設置すれば車椅子での移動も可能です。
・大規模駐車場
・特定時間に入出庫車が集中する場合
・病院、集合住宅
に適しています。
 
スキップタイプ

駐車階をそれぞれ半階分ずつずらせて、互い違いに組み合わせた形式です。スロープを半階分だけ上がるため、スロープの長さを短くでき、幅のない土地にも対応できます。 スロープを連続して走行しないため運転しやすく、また対面のパーキングスペースを見ながら移動するので、空きスペースを見つけるのが容易です。
連続傾床タイプ

床全体を緩い勾配で傾斜させ、昇降のためのスロープを兼ねさせた形式です。パーキングスペースを360度一周すると1階層上がるというもの。スロープが不要になるためスペース効率が非常に良いのが特長です。 急勾配、急カーブが無いため、駐車場内を運転しやすい。
スロープが無いので面積効率が非常に良い。
あなたの求めている施工事例を検索[施工事例から探す]
製品やサービスなど、各種お問い合わせ・ご相談にお応えします。[カタログ請求・お問い合わせ]