HOMEIR情報 > 個人投資家の皆様へ > IRポリシー

IR情報

IRポリシー

  1. 情報開示の基本方針とIR活動の目的

     当社は、株主・投資家の皆様に、投資判断に影響を及ぼす会社情報の適時適切な開示が重要であると認識し、透明性および公平性の確保に努めることを基本としております。また、当社を理解していただく上で必要または有用と判断されるものについては、当社の有利・不利に拘わらず、可能な範囲で積極的に情報開示するよう努めてまいります。

     IR活動の目的は、株主・投資家を含めたあらゆるステークホルダーの皆様と共有できる機会や接点から双方向のコミュニケーションを充実し、適正な評価を受けるための活動、経営の透明性を高めるための活動および信頼性を向上させるための活動であると認識しております。

  2. 情報開示の方法

     適時開示規則に該当する情報の開示は、「適時開示情報システム(TDnet)」を通じて公開し、プレスリリースの配信および必要に応じて記者発表を行います。また、開示された情報は、開示後速やかにウェブサイト(以下、当サイトという。)に掲載いたします。ただし、当サイトの掲載に関しては、技術的な問題等により掲載が遅延する場合もありますのでご了承くださいますようお願いいたします。

    適時開示規則に該当しない情報につきましても、適時開示規則の趣旨や当社情報開示の基本方針を踏まえ、適時適切な方法により開示し、透明性および公平性の確保に努めてまいります。

  3. 将来の見通しについて

     当社が開示する情報の中には、業績予想等の将来の見通しに関する記述が含まれている場合があります。これらの記述は、発表時点において入手可能な情報から得られた一定の前提をもとに予測したものです。また、これらの将来の予測には、リスクや不確定要素等の要因が含まれており、実際の業績等はこれらの予測とは異なる結果となる可能性があります。

     したがいまして、これらの業績予想等の将来の見通しに関する事項に全面的に依拠し、投資判断等されることはお控えいただきますようお願いいたします。

  4. IR自粛期間

     当社は、各四半期の決算発表予定日の3週間前から発表当日までの期間を「IR自粛期間」とし、この期間内については、特定の株主・投資家の皆様または特定の媒体等に対する業績の見通し等の決算に関するコメントやご質問等への回答ならびに会社説明会等のIR活動は差し控えさせていただき、決算情報の漏洩防止に努めております。

     ただし、自粛期間中に業績予想が大きく乖離する見込みが生じた場合や投資判断に重要な影響を与える事象が生じた場合には、適時適切な情報開示を行うこととしております。

会社やIR情報などに関して、各種お問い合わせ・ご相談にお応えします。 [お問い合わせ]